EPSON
トップページ > 季節の特集 > 七夕特集

Webプリワールドをご利用いただくには、「MyEPSON」への会員登録(無料)・ログインが必要です。

ログイン・会員登録画面へ

星の伝説に想いをはせて 七夕特集 (七夕とは?)

七夕(たなばた)は、古くから行われているお祭り行事で、五節句(※)のひとつにも数えられています。
毎年7月7日の夜に、願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、星にお祈りをする習慣は江戸時代から広がりました。
古くは「七夕」を「棚機(たなばた)」や「棚幡」と表記しました。これは、そもそも七夕とはお盆行事の一環として、選ばれた乙女「棚機女(たなばたつめ)」が着物を織り棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったといいます。

※五節句 …… 人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)

[なぜだろう?]七夕の不思議

  • 七夕伝説

    機(はた)を織るのが仕事の織姫は、牛飼いの牽牛(けんぎゅう)と出会い、二人は恋に落ちました。しかし、二人は、仕事をおろそかにするようになりました。それをみた天帝は怒り、二人を天の川の両岸に引き離してしまいました。
    二人の様子を哀れに思った天帝は、一年に一度、7月7日の夜にだけ会うことを許しました。

    織姫さま・彦星さま つくってみよう!
  • なぜ? 笹竹に飾るの? 笹竹【ささたけ】

    竹のまっすぐ伸びた様やすれ合う葉音が神を招くといわれ、笹は先祖の霊が宿るとも言われて、使われてきました。

    なぜ? 笹飾りを飾るの? 笹飾り【ささかざり】

    笹の葉に願い事を書いた短冊をつるすようになったのは江戸時代からと言われています。学問や技芸に関連する道具(すずり、そろばん、筆など)を笹に飾りつけ、学問や技芸の上達を願っていました。

    笹飾り つくってみよう!
  • 7つの笹飾りと由来
    紙衣
    紙衣【かみごろも】

    病や厄災から守る身代わりと裁縫や学問、技芸の上達を願うために飾りつけるもの。神様に捧げた着物ということから、笹飾りをする時は一番上に飾りつけます。

    巾着
    巾着【きんちゃく】

    倹約と貯蓄の精神をつちかう意味があり、商売繁盛を願う飾りでもあります。

    投網
    投網【とあみ】

    魚を獲る網で、豊漁(大漁)と豊作を願う飾りです。

    屑籠
    屑籠【くずかご】

    笹飾りを作った後のくず入れ。物を粗末にせず、倹約と清潔の精神を培う飾りつけです。

    吹き流し
    吹き流し【ふきながし】

    織姫の糸をかたどった、長寿を願って飾りつけられるものです。

    千羽鶴
    千羽鶴【せんばづる】

    家族の長寿を願う飾りつけです。家族の年長者の年齢分だけ折って飾りつけます。

    短冊
    短冊【たんざく】

    赤、青、黄、白、紫(黒)の五色とされ、願い事を書いて飾り付けるもの。五色は中国の五行説「木、火、土、金、水」が起源だと言われています。

    つくってみよう!
© Seiko Epson Corp. / Epson Sales Japan Corp. 2017