Webプリサポートトップ > よくあるご質問 > アプリケーションの起動に関するご質問

アプリケーションの起動に関するご質問

「アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発生しました。」もしくは「Unhandled exception has occred〜」と英語の画面が表示された。

エラー画面

エラー画面

セキュリティーソフトの機能により、アプリケーションをインストール・起動できていない、もしくは、Webプリワールドアプリケーションが正しくインストールされなかった可能性があります。
対処方法として、以下の内容をお試しください。
  1. インターネットの接続状態をご確認の上、再度Webプリワールドをお試しください。
  2. セキュリティーソフトのファイアウォール設定で、プログラム"dfsvc.exe"の開発元が"Microsoft Corporation"であることを確認後、"dfsvc.exe"のインターネットアクセスを許可するよう、設定してください。
  3. PCを再起動後、再度Webプリワールドをお試しください。
  4. 改善が見られない場合は「Epson Internet Print Module」のアンインストールをしてください。

    Epson Internet Print Moduleのアンインストール手順

  5. Webプリワールド起動モジュールを削除し、PCを再起動後、再度Webプリワールドの起動をお試しください

    ■Webプリワールド起動モジュールの削除手順

    1.すべてのMicrosoft® Internet Explorer®を終了します。
    2.以下のフォルダーを削除します。
    【Windows® 2000、Windows® XPの場合】
    <起動ドライブ>\Documents and Settings\<お客様のログイン名>\Local Settings\Apps\2.0
    【Windows Vista®、Windows® 7(以降)の場合】
    <起動ドライブ>:\ユーザー\<お客様のログイン名>\Appdata\Local\Apps\2.0
    3.再度Microsoft® Internet Explorer®を起動し、Webプリにアクセスしてください。
    ※フォルダーが見つからない場合は、以下の対応を行ってください。
    「スタート」−「すべてのプログラム」−「アクセサリ」−「エクスプローラ」を選択し、エクスプローラを起動します。
    「ツール」−「フォルダオプション」を選択し、「フォルダオプション」ダイアログを起動します。
    「フォルダオプション」ダイアログの「表示」タブを選択し、「詳細設定」の"ファイルとフォルダの表示"で"すべてのファイルとフォルダを表示する"を選択します。 その後「適用」ボタン、「OK」ボタンの順にクリックし、「フォルダオプション」ダイアログを閉じます。
  6. 5までお試しいただいても改善されない場合は以下よりWebpriInstallerをダウンロードしてください。

    WebpriInstallerのダウンロードページへ

「アプリケーションのダウンロードに失敗しました。ネットワーク接続を確認するか、システム管理者またはネットワークサービスプロバイダに問い合わせてください。」と表示された。

対処方法は次の通りとなります。
  1. インターネットの接続状態を確認の上、もう一度「つくる」ボタンをクリックしてください。
  2. サーバーが混雑している可能性があります。しばらくしてからアクセスしてください。
  3. セキュリティーソフトの機能により、アプリケーションをインストール・起動できていない場合があります。
    セキュリティーソフトのファイアウォール設定で、プログラム"dfsvc.exe"の開発元が"Microsoft Corporation"であることを確認後、"dfsvc.exe"のインターネットアクセスを許可するよう、設定してください。
  4. セキュリティーソフトの設定につきましては、ご使用のセキュリティーソフト販売元にお問い合わせください。

「アプリケーションを起動できません。通信状態を確認し、アプリケーションを再起動してください。」と表示された。

対処方法は次の通りとなります。
  1. インターネットの接続状態を確認の上、もう一度最初からやり直してください。
  2. サーバーが混雑している可能性があります。しばらくしてからアクセスしてください。
  3. セキュリティーソフトの機能により、アプリケーションをインストール・起動できていない場合があります。
    セキュリティーソフトのファイアウォール設定で、プログラム"dfsvc.exe"の開発元が"Microsoft Corporation"であることを確認後、"dfsvc.exe"のインターネットアクセスを許可するよう、設定してください。
  4. セキュリティーソフトの設定につきましては、ご使用のセキュリティーソフト販売元にお問い合わせください。

「アプリケーションを初期化できません。本サービス対応プリンタードライバーがインストールされていない可能性があります。動作環境をご確認ください。」と表示された。

対象のメニューを利用できるWebプリワールド対応プリンターを認識できていない可能性があります。
対処方法として次の内容をご確認、お試しください。
  1. 選択されているコンテンツで使用する用紙サイズで印刷できるプリンタードライバーがインストールされているかどうかをご確認ください。
  2. Webプリワールド対応のプリンタードライバーがインストールされているかどうかをご確認ください。

    対応プリンター一覧

  3. インストールされているプリンタードライバーのバージョンが更新されている可能性があります。
    最新のプリンタードライバーのインストールをお試しください。

    最新のドライバーをダウンロード

    プリンタードライバーの削除方法

  4. プリンタードライバーのポート設定がWebプリワールド対応のポートに設定されているかどうかをご確認ください。
    <Webプリワールド対応のポート>
    USB , LPT , IEEE1394 , COM , EpsonNet Print Port , Standard TCP/IP Port

    プリンターのポート設定確認方法

  5. 「Epson Internet Print Module」のアンインストールをし、再度Webプリワールドをお試しください。

    Epson Internet Print Moduleのアンインストール方法

  6. 5を実行しても改善されない場合は「MyEPSON Potal」も同様にアンインストールし、PC再起動後、再度Webプリワールドをお試しください。

    MyEPSON Potalのアンインストール方法

「エラーが発生したため、EWPFreeEditAppSetup.exeを終了します。プログラムをもう一度開始する必要があります。エラーログを作成しています。」というアプリケーションエラーダイアログが表示された。

システムが不安定になっている可能性があるため、「OK」を押下しダイアログを閉じたあとPCを再起動し、再度Webプリワールドをお試しください。

「このアプリケーションを実行しますか?」もしくは「Do you want to run this application?」というセキュリティー警告画面が表示された。

EWPBoot画面

EWPBoot画面

発行者/Publisher がEPSON ALES JAPAN CORPORATION であることを確認し、「実行」/「Run」を押下してください。

「サーバに接続できません。しばらく経ってからやり直してください。」と表示された。

対処方法は次の通りとなります。
  1. インターネットの接続状態を確認の上、もう一度「つくる」ボタンをクリックしてください。
  2. サーバーが混雑している可能性があります。しばらくしてからアクセスしてください。
  3. セキュリティーソフトの機能により、アプリケーションをインストール・起動できていない場合があります。
    セキュリティーソフトのファイアウォール設定で、プログラム"dfsvc.exe"の開発元が"Microsoft Corporation"であることを確認後、"dfsvc.exe"のインターネットアクセスを許可するよう、設定してください。

「サーバの通信セッションが無効のため、アプリケーションを起動できません。ブラウザでメニューページを再読み込みしてから、メニューを再選択してください。」と表示された。

しばらく操作されなかったため、サーバーとの通信が切れてしまった可能性があります。ブラウザの画面上で[Ctrl + F5 キー]を押下し、ブラウザのリロードを実行の上、再度Webプリワールドをお試しください。

「サービスのご利用はMicrosoft .NET Frameworkのインストールが必要です。 Microsoft .NET Frameworkのダウンロードページを開きますか?」が表示される。

  1. .NET Frameworkのインストールを行ってください。。
  2. .NET Frameworkのインストールはこちら

  3. .NET Frameworkのインストールが終わりましたら一度ブラウザーを終了し、再度起動してください。
    ※インストール時に使用したタブだけでなくブラウザー自体を閉じてください。

「既にアプリケーションが起動しています。」と表示された。

既にアプリケーションが起動しています。Internet Explorerや他のアプリケーションの後ろにアプリケーションの画面が表示されていないか確認してください。

「続行できません。アプリケーションは正しくフォーマットされていません。アプリケーションのベンダに問い合わせてください。」と表示された。

セキュリティーソフトの機能により、アプリケーションをインストール・起動できていない、もしくは、Webプリワールドアプリケーションが正しくインストールされなかった可能性があります。
対処方法として、以下の内容をお試しください。
  1. インターネットの接続状態をご確認の上、再度Webプリワールドをお試しください。
  2. セキュリティーソフトのファイアウォール設定で、プログラム"dfsvc.exe"の開発元が"Microsoft Corporation"であることを確認後、"dfsvc.exe"のインターネットアクセスを許可するよう、設定してください。
  3. PCを再起動後、再度Webプリワールドをお試しください。
  4. 改善が見られない場合は「Epson Internet Print Module」のアンインストールをしてください。

    Epson Internet Print Moduleのアンインストール手順

  5. Webプリワールド起動モジュールを削除し、PCを再起動後、再度Webプリワールドの起動をお試しください

    ■Webプリワールド起動モジュールの削除手順

    1.すべてのMicrosoft® Internet Explorer®を終了します。
    2.以下のフォルダーを削除します。
    【Windows® 2000、Windows® XPの場合】
    <起動ドライブ>\Documents and Settings\<お客様のログイン名>\Local Settings\Apps\2.0
    【Windows Vista®、Windows® 7(以降)の場合】
    <起動ドライブ>:\ユーザー\<お客様のログイン名>\Appdata\Local\Apps\2.0
    3.再度Microsoft® Internet Explorer®を起動し、Webプリにアクセスしてください。
    ※フォルダーが見つからない場合は、以下の対応を行ってください。
    「スタート」−「すべてのプログラム」−「アクセサリ」−「エクスプローラ」を選択し、エクスプローラを起動します。
    「ツール」−「フォルダオプション」を選択し、「フォルダオプション」ダイアログを起動します。
    「フォルダオプション」ダイアログの「表示」タブを選択し、「詳細設定」の"ファイルとフォルダの表示"で"すべてのファイルとフォルダを表示する"を選択します。 その後「適用」ボタン、「OK」ボタンの順にクリックし、「フォルダオプション」ダイアログを閉じます。
  6. 5までお試しいただいても改善されない場合は以下よりWebpriInstallerをダウンロードしてください。

    WebpriInstallerのダウンロードページへ

「通信に失敗したため、アプリケーションを起動できませんでした。インターネットの接続やアンチウィルスソフトの設定を確認し、アプリケーションを再起動してください。」と表示された。

対処方法は次の通りとなります。
  1. インターネットの接続状態を確認の上、もう一度「つくる」ボタンをクリックしてください。
  2. サーバーが混雑している可能性があります。しばらくしてからアクセスしてください。
  3. セキュリティーソフトの機能により、アプリケーションをインストール・起動できない場合があります。
    セキュリティーソフトのファイアウォール設定で、プログラム"EPSON Internet Print"の開発元が"EPSON SALES JAPAN CORPORATION"であることを確認後、"EPSON Internet Print"のインターネットアクセスを許可するよう、設定してください。

WEBページ上で「つくる」、「作成する」等のボタンを押しても、何も起こらない。

次の原因によりアプリケーションをインストール、あるいは、起動できない場合があります。
  1. ブラウザのセキュリティ設定について条件を満たしているかをご確認ください。

    ・セキュリティレベル : 「中−高」以下

    ・プライバシーの設定 : 「中」以下

    ・Authenticodeで署名なしのコンポーネントを実行する : 「有効にする」

    ・アクティブスクリプト : 「無効にする」以外

    ・暗号化されていないフォームデータの送信 : 「無効にする」以外

  2. ブラウザのセキュリティ設定の確認方法

  3. セキュリティーソフトの機能により、アプリケーションをインストール・起動できていない場合があります。
    セキュリティーソフトのファイアウォール設定で、プログラム"dfsvc.exe"の開発元が"Microsoft Corporation"であることを確認後、"dfsvc.exe"のインターネットアクセスを許可するよう、設定してください。
  4. Internet Explorer®のアドオン、追加したツールバーがアプリケーションの起動に影響を与える場合がありますので、Internet Explorer®(アドオンなし)モードでのWebプリワールドへのアクセスをお試しください。

    Internet Explorer®(アドオンなし)の起動手順

「WindowsによってPCが保護されました」と表示される

Windows® 8(以降)を使用して、「Webプリワールドのアプリケーション」「Webpri Rescue」「WebpriInstaller」プログラムを初回起動した際に、以下のメッセージが表示される場合があります。
以下の手順でお進めくださいますよう、お願いいたします。

◆パソコンを管理者権限でご利用のお客様
1)「詳細情報」をクリックします。
「WindowsによってPCが保護されました」メッセージ

2)「実行」をクリックします。
「WindowsによってPCが保護されました・詳細情報」メッセージ
※ご利用のプログラムによって異なります。
「WebpriRescue.exe」
「WebpriInstaller.msi」


以降は各プログラムのメッセージに沿って、お進めください。


◆パソコンをユーザー権限でご利用のお客様
1)「管理者権限」のある、ユーザー名、パスワードを入力し、実行をクリックします。
「Windowsによって、コンピューターが保護されました」メッセージ

以降は各プログラムのメッセージに沿って、お進めください。

Web「コンピューターにセキュリティ上の問題を発生させるため、管理者がこのアプリケーションをブロックしました」というメッセージが表示された。

Webプリワールドでつくるをクリックした際に以下の画面が表示されて、Webプリワールドが起動出来な場合は、 下記の設定をお試しください。

起動ブロック画面
  1. 「EPSON SALES JAPAN CORPORATION」のリンクをクリックします。
    「EPSON SALES JAPAN CORPORATION」のリンクをクリック
  2. 発行元が 「EPSON SALES JAPAN CORPORATION」であることを確認して、「証明書のインストール...」をクリックします。
    「証明書のインストール...」をクリック
  3. 証明書のインポートウィザードの開始が表示されますので、「次へ」をクリックしてください。
    ※「保存場所の選択」画面が表示された場合は、「現在のユーザー」が選択された状態で「次へ」をクリックしてください。
    証明書のインポートウィザードの開始が表示
  4. 「証明書をすべて次のストアに配置する」を選択して「参照...」をクリックします。
    「参照...」をクリック
  5. 「信頼された発行元」を選択して「OK」をクリックします。
    「信頼された発行元」を選択して「OK」
  6. 証明書ストアに信頼された発行元と表示されたのを確認して「次へ」を押す。
    信頼された発行元を確認して「次へ」
  7. 証明書のインポートウィザードの完了画面が表示されますので、 「完了」をクリックします。
  8. 「正しくインポートされました」と表示されますので、「OK」をクリックして表示されているダイアログを閉じます。この状態でWebプリワールドが利用できるかご確認ください。
  9. 証明書が正しくインポートされているかを確認したい場合は、下記の手順で確認できます。

  10. Inernet Explorerを起動して、「インターネットオプション」を選択します。
    「インターネットオプション」を選択
  11. 「コンテンツ」タブを選択して「発行元」をクリックします。
    「コンテンツ」タブを選択して「発行元」をクリック
  12. 信頼された発行元に「EPSON SALES JAPAN CORPORATION」が表示され、有効期限内であることを確認してください。
    有効期限内であることを確認